報徳学園について

報徳学園は、1911年(明治44年)神戸御影の実業家として活躍していた大江市松翁によって創立されました。
その頃日本は、日露戦争に勝利し、人々のおごりや高ぶりが頂点に達しようかという時代であった。
翁は軽佻浮薄に流される現状をみて憂い、このままでは日本は滅んでしまうと危惧し、地に足をつけた質実剛健の、そして感謝と思いやりを知る若者を育てなければならないと考え、日頃から二宮尊徳先生を敬愛し、その教えである報徳主義を実践されていました。 それゆえ「以徳報徳」の精神を身につけた青年を育成したいと願い、神戸御影の地に3年制の報徳実業学校を創立されたのが始まりです。

理事長

大江 透 理事長 理事長紹介

 報徳学園理事長の大江透でございます。 私は報徳学園の校祖であります大江市松の孫ですが、今まで中学・高校教育には携わった事はありませんでした。
ただ、岡山大学の医学部で学生を教えていた関係で、学生を良い社会人として育てるには大学教育では手遅れである事を感じていました。 また、5年前に報徳学園の特別顧問として報徳学園の理事会や評議員会に参加させてもらってから、ますます中学・高校教育の大切さを痛感しました。
 報徳学園の教育理念は二宮尊徳の報徳思想を柱としていますが、この思想は現実的で今日でも通用するものです。 実際、今日この教えを経営思想として事業に取りこんでいる会社経営者も少なくありません。
 また、世界でも報徳思想と似通った人生哲学を持って活躍している人がいます。 一例をあげれば、ビルゲイツはポリオ撲滅運動始め色々な分野に多額の寄付をしていますが、これは利益の一部を社会に還元するという彼の人生哲学に基づいて行っていると聞いています。
 また、ヨーロッパの有名なピアニストが、なぜ演奏をするのかとの質問に、自分がピアノを上手に引けるのは自分だけの力でなく、神様から授かった才能、ピアノを教えてくれた先生、さらに自分を育ててくれた社会のお陰であることを常に思い、ピアノ演奏をすることで人々に感動を与えて社会に恩返しをしている、と答えていました。 この様に、自分を育ててくれた両親・恩師・社会に感謝し、会得した技術・知識・能力で持って社会に還元するという行為は、まさしく以徳報徳を実践していると言えます。
 報徳学園は、この以徳報徳の考えを学生に教えるとともに、将来、生徒が社会に貢献出来るような人になる為の技量・知識・知恵・能力を身につけさせる事を、教育目標としています。これには、生徒一人ひとりの優れている所を見いだし、その才能が伸張するように叱咤激励する必要があります(至誠勤労を実践させる)。 さらに、生徒同士の交流を推奨し、お互いの優れている点を認め合うような心(分度推譲の心)を養わせたいと考えています。 これらを実践することにより、校風三則である 1)以徳報徳、 2)至誠勤労、 3)分度推譲の精神と伴に、社会人として必要な技量・知識・知恵の基礎を身につけて、将来、社会から必要とされまた敬愛される人に育つように教育したいと考えています。報徳学園で学ぶ生徒が一人でも多くこの目標に近づく様に、理事、評議員、同窓会、推譲会および教職員の皆と一緒にがんばりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

報徳学園中学校・高等学校住友正博校長

報徳学園の願い校長先生からのご挨拶

 あなたは自分の中にどれほど素晴らしいものがつまっているか、考えたことはありませんか?
 報徳学園はあなたの徳や個性を大切にして大きく伸ばします。 自ら見つけ出し伸ばしたその力がやがて世の人のためになる、それが報徳学園の願いなのです。 人の役に立って、もっとも幸せになるのは誰でしょう…。
自分が生きていると実感できるほど、幸せなことはありません。報徳学園の伝統を次に引き継ぐのはあなたです。

沿 革

  • ■1911年(明治44) 4月
    大江市松翁、御影町に報徳実業学校(3年制)設立。
  • ■1919年(大正8) 5月
    二宮尊徳の嫡孫二宮尊親校長(二代目)就任。
  • ■1924年(大正13) 3月
    私立報徳商業学校に改称。
  • ■1932年(昭和7) 4月
    神戸青谷へ移転。
  • ■1944年(昭和19) 4月
    文部大臣の命により工業学校へ転換。
  • ■1947年(昭和22) 4月
    戦時中、空襲による校舎焼失のため西宮の現在地に移転。報徳中学校認可。
  • ■1952年(昭和27) 12月
    校名を報徳学園高等学校、同中学校と改称。
  • ■1963年(昭和38) 4月
    高校新1年より普通科課程のみとし、商業科廃止。
  • ■1977年(昭和52) 4月
    高等学校に文理コースを設置。
  • ■1988年(昭和61) 6月
    クライストチャーチ・グラマー・スクールと交流開始。相互の交換留学とホームステイ研修開始(高等学校)
  • ■1989年(平成元) 4月
    高等学校に国際コースを設置。
  • ■1995年(平成7) 4月
    高等学校の文理・国際コースを改組し、特進コース新設。
  • ■1998年(平成10) 4月
    普通コースを進学コースに改称。二期制を導入。
  • ■1999年(平成11)3月
    イギリスへの語学研修開始(中学校)
  • ■1999年(平成11) 7月
    アイオワ・ウエスタン・コミュニティー・カレッジでの研修開始(高等学校)
  • ■2000年(平成12) 4月
    特進コースにSクラスを設置。
  • ■2003年(平成15) 4月
    中学校にⅡ進コース・Ⅰ進コースを設置。
    高等学校に選抜特進コースを設置。
  • ■2007年(平成19) 4月
    報徳教育部を設置。
  • ■2008年(平成20)5月
    アメリカ アルバカーキ・アカデミーと交流開始。
  • ■2011年(平成23)4月
    創立100周年。
    新校舎、大谷記念講堂、庭園が完成。
  • ■2015年(平成27)4月
    グランドを全面人工芝化。
  • ■2015年(平成27)5月
    全教室に電子黒板機能付きプロジェクター設置。
ページトップ