112回生(高1)

高1 [2020.2.9]

第13回 兵庫県高校生英語ディベートコンテスト(Ⅰ—A)

大会  The 13th Hyogo Prefecture Senior High School Debate Contest

主催  兵庫県高等学校教育研究会英語部会
    兵庫県高校生英語ディベートコンテスト委員会
期日  令和2年2月9日(日)

会場  神戸市外国語大学

論題:
「The Japanese government should limit the weekly maximum average working hours, including overtime, to 48 hours (following the E.U.).」
「日本国は,残業も含めた週あたりの最長平均労働時間を,(E.U.にならい)48時間に制限すべきである。是か非か。」

上記の論題について、Affirmative(肯定)とNegative(否定)に分かれてディベートを行う本大会。今年は21校が参加し、本校は高Ⅰ学年のⅡ進コースが出場しました。
当日のディベートに参加したのは6名ですが、資料集めや英訳はクラス全員で行い、一丸となって臨んだ大会です。残念ながら結果は予選ラウンド敗退となりましたが、国際高校や英語科の生徒が多く参加する中で、堂々と討論する姿に生徒の成長を感じることができました。
英語の4技能や挑戦する姿勢が磨かれた今回の経験を活かし、3月末のフィリピン語学研修や今後の英語活動に取り組んでいきます。

予選ラウンド①
  報徳(Negative)1-2 県大附属(Affirmative)
予選ラウンド②
 報徳(Affirmative)0-3 葺合(Negative)

写真①

写真②

写真③

←戻る

ページトップ