116回生(中3)

中2 [2022.1.20]

弁論大会 学年予選会

記念講堂で5・6校時を使い、弁論大会の学年予選会を実施しました。冬休み中に各自が原稿を仕上げ、各3名、12名がクラスで予選会を勝ち抜き、学年予選会に出場しました。12名の弁士は、今回2年生の弁論テーマである「〇〇への感謝」で両親、周囲の方々、クラブの仲間、看護師さん等々で、堂々とした態度、背筋を伸ばした姿勢、聞き取りやすい声・間でしっかりと自分の想いを伝えてくれました。審査は、生徒全員で審査のルーブリックに則り真剣に聞き入り行いました。ITCの時代、タブレットに書き込み送信し、瞬時に集計です。
最後に、中田学年主任から講評があり、感謝の重みを考えよう。当たり前の事、当然の事ではなく、“ありがたさ”を感じられる人になって欲しい。足元を見て、感謝に気付けるか?素直な気持ちでありがとうの言葉が出るか?中2の男子、言葉に出すのが恥ずかしければ態度で示そうとのお話があり、生徒諸君の心にすっと入って行ったと思います。
ある君の弁論の中に、感謝の卵 卵の中身はありがとうの言葉がありました。12名の堂々とした弁論。聞き入る生徒諸君の聞く態度。どちらも本当に良く出来ており、素敵な2時間を過ごせました。中2生徒の心意気にありがとうです。

出場生徒
1組:足立君、田中君、西口君  2組:浅田君、信免君、中尾君
3組:富田諒君、桝井君、山中君 A組:井ノ上君、芝君、要津君

◆校内弁論大会 本選出場者
1組:足立君『両親への感謝』   1組:田中君『動物への感謝』
2組:浅田君『じいちゃんに感謝』 2組:中尾君『仲間へ感謝』

CIMG1881

CIMG1886

←戻る

ページトップ